心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

左肩の痛み

calendar

reload

こんにちは!
枚方市くずはの「整体院プラス」 整体師の下田です。

いわゆる、五十肩。
肩の関節が痛くて、腕をあげたり、動かしたりすると痛みがでるあれですね。
でも、そこまで痛くはないんだけど、なんだか、肩が痛い、という五十肩予備軍の方が結構います。
普通は右肩が痛くなります。
右利きの場合、右腕のほうがよく使いますからね。
さらに、右腕を前に出すことが多いので、右の肩関節が前にずれてきます。

で、今回は左肩が痛くなる人についてです。
右利きの場合、右腕をよく使うわけですから、右肩が痛くなるのは理解できます。
じゃあ、左肩が痛くなる人はなんなんだろう、ということです。
どこかで左肩に負担をかけるような体勢をとっているわけですけれでも、私が今までそういう人たちに聞いた中でいうと、一番多かったのは、
「左肘をついて体を支える姿勢」です。

脇息(きょうそく)ってご存知ですか?
よく時代劇で、大名が座っている左横に、肘をついてもたれかかるための台がありますよね?あれが脇息です。
右利きの場合、右腕を使いますから、右側にもたれると右腕が使えない。
ですから当然、もたれるときは、左側になるわけですけど、肘をついて体を支えると、体重が一気に肩関節にかかってしまうのです。
こういわれてみれば、当たり前なんですけど、いつもそういう体勢がくせになっている人は、まさかそんなに左肩に負担がかかっているとは気づきません。

もし、こういう姿勢が多い人は気をつけてください。
あなたが思う以上の負担が、肩にかかっていますよ。
あ、横になって、左腕で頭を支える体勢が好きな人も同じですよ。

※当ブログは、整体師の視点から書かれたものであり、当内容だけですべてを判断しないようにしてください。場合によっては、病院を受診するなど、ご自信で適切な処置を行ってください。
※整体法や体操などは、必ず痛みが出ない範囲で行ってください。
※当ブログ内容により、万一不利益が生じたとしても、当方では責任を負いかねますので、ご了承ください。
※記事内容は、執筆当時のものです。

メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER
枚方市樟葉(くずは)の整体院 【整体院プラス】
大阪府枚方市樟葉(くずは)の本格整体院 【整体院プラス】

口コミで大好評!
とってもソフトで、しっかり結果を出す整体。
肩こり・腰痛などの体の痛みをとる施術から、骨盤矯正・O脚矯正・猫背矯正など、「整体院プラス」の本格整体で、あなたの悩みを解消します!


「整体院プラス」のホームページ

この記事をシェアする

関連記事

folder

more...

folder 体操・ストレッチ

more...

folder 健康・ダイエット

more...

folder 意識

more...

folder 手・腕

more...

folder 整体全般

more...

folder 肩・背中

more...

folder 腰・骨盤

more...

folder 足・脚

more...

folder 随想

more...

folder 首・頭

more...