心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

体の力を抜く方法

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(楠葉)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

現代人は、体に力が入ったまま、力が抜けない状態になっていることが多いです。
それどころか、自分が体に力が入っているのかどうかさえ、わかっていないことが多いです。
当院のお客さまでも、施術のときに体に力が入っていることが多く、「力を抜いてください」といっても、力が入っていたことに気づいていない、力の抜き方がわからない、という人が多いです。
今回は、なぜ体の力が抜けないのか、体の力を抜くにはどうすればいいのか、についてお話しします。

体に力が入る理由

そもそもなぜ体に力が入るのでしょうか。
体に力が入る場面を、ちょっと想像してみてください。
仕事中や、小さいお子さんの面倒を見ているときなど…
人によって場面は違うと思いますが、共通しているのは、緊張している状態である、ということです。
人間は緊張すると、自然と体の筋肉に力が入り、硬くなります。
緊張している状態というのは、何か危険が起こらないか注意している状態であったり、失敗してはいけないような重要な状態であったりします。
こんなときに、何かが起こったときに、自分の身を守り、とっさに対応できるように筋肉に力を入れ、備えているわけです。
一番多く、わかりやすいのは、肩に力が入ることです。
あがり症の人はよくわかると思いますが、緊張していると、自然と肩が上がります。
これは、急所である首周辺を守るためです。
要は、体に力が入っている状態というのは、臨戦態勢になっている、ということです。
もちろん、現代社会において、そんな極度の緊張は必要ありません。
が、それが過剰に反応してしまい、力を入れる必要がないようなときでも、体に力が入ってしまっているのです。
さきほど、施術中に力が入っている当院のお客さまの話をしましたが、脚の部分の施術をしているときは脚に力が入り、腕の施術をしているときは腕に力が入っています。
これは、触られている部分を守ろうとしているわけです。

なぜ体の力が抜けないのか

この、必要のないときに体に力が入ってしまうことのほかに、問題はもうひとつあります。
それは、力の入った状態が続いてしまう、つまり、体の力を抜くことができないことです。
ではなぜ、体の力を抜くことができないのでしょうか。
それには、交感神経が影響しています。
交感神経とは、主に日中に優位になる、いわば活動するときに働く神経系です。
それに対して、体を休めているときは副交感神経が優位になります。
日中活動しているときは、交感神経が優位になっており、この状態はいわば臨戦態勢になっていますので、筋肉も硬くなる傾向にあります。
そして、日中の仕事が終わり、夜家に帰って体を休めることができる状態になると、副交感神経が優位になってきます。
副交感神経が優位になると、体はリラックスし、力が抜けていきます。
すると、硬くなっていた筋肉も緩んできます。
これは、1日の中の大きな流れだけではなく、日中でも、緊張する場面とリラックスする場面とで、交感神経と副交感神経とが強くなったり弱くなったりを繰り返しています。
通常の場合であれば、この交感神経と副交感神経の切り替えが正常に行われ、体の力が抜けますが、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできずに、交感神経が優位の状態が続いてしまうと、体の力をうまく抜くことができなくなってしまいます。
いわゆるONとOFFの切り替えがうまくできないのです。

ではなぜ、ONとOFFの切り替えがうまくできないのでしょうか。
大きな要因は、ストレスのせいです。
自律神経の問題には、ストレスが大きく関わっています。
性格的にストレスを抱え込んでしまいがちな人、ストレスをうまく発散することができない人は、体が緊張している交感神経優位な状態から、仕事が終わり、本来であれば、リラックスして体が緩んでいくような状態であっても、うまく力が抜けなくなってしまいます。
ストレスを抱え込んでしまう人の特徴として、完璧主義の人や神経質な人が多いです。
少しぐらいの失敗でくよくよせずに、「まあいいや。なるようになるさ」といったぐらいの、楽観的な気持ちを持つようにしましょう。

体の力が抜けないことで起こる弊害

筋肉のコリ

では、実際に体の力が抜けないことで、どんな弊害があるのでしょうか。
先ほどお話ししましたが、体で力が入りやすい場所として多いのは、肩、首まわりです。
例えば仕事でパソコンに重要な数字を入力しているときや、多くの人の前でプレゼンをしているときなど、人は緊張していると、肩が上がります。
これは、肩に力が入っている証拠です。
いわゆるいかり肩の状態です。
そして、この状態が長く続くと、うまくリラックスして力を抜くことができなくなり、常に肩に力が入った状態が続いてしまいます。
肩に力が入っているということは、筋肉は常に緊張して収縮した状態になっています。
筋肉はリラックスしていると弛緩、つまり緩んでいる状態になっていますが、緊張すると、筋肉は収縮します。
この筋肉の収縮状態が続き、うまく筋肉を緩めることができないと、筋肉はどんどん硬くなっていってしまいます。
筋肉が硬くなると、その部分の血流が悪くなります。
肩であれば、肩周辺の血流が悪くなります。
血流が悪くなれば、さらに筋肉は硬くなります。
そしてまた筋肉が硬いと血流が悪くなり、、と悪循環に陥ってしまいます。
この、肩の血流が悪くなり、筋肉が硬くなっている状態がいわゆる肩こりです。

骨のゆがみ

筋肉が硬くなってしまう、ということでいうと、骨のゆがみも関係してきます。
「体に力が入って筋肉が硬くなることと、骨のゆがみとどう関係があるの?」と思われるかもしれません。
実は、骨がゆがんでいるのは、筋肉が硬くなっているせいです。
どういうことか、ちょっと説明します。
体にある骨には、それぞれいくつかの筋肉が付着しています。
これを骨格筋といいます。
そして、これらの筋肉が収縮したり弛緩したりすることで、骨を動かします。
簡単に説明します。
ひとつ骨を想像してください。
その骨の両側に筋肉がついています。
右側の筋肉が収縮すると、骨は右へ引っ張られ、左側の筋肉は伸ばされます。
逆に左側の筋肉が収縮すると、骨は左へ引っ張られ、右側の筋肉は伸ばされます。
これが体の関節が動くメカニズムです。
つまり、骨を動かしているのは、筋肉なのです。
ですから、先ほどの例でいくと、例えば、右側の筋肉が、力が入ったままの状態で硬くなってしまっていたとしたら、骨は右側へ引っ張られたまま、元の状態に戻らなくなってしまうわけです。
これがいわゆる骨がずれた状態です。

骨のゆがみを矯正する施術方法としても、骨からのアプローチと筋肉からのアプローチがあります。
矯正したい骨の周辺の筋肉を緩めることで、骨を元の位置に戻します。
逆に、骨にアプローチして矯正することで、結果的に周辺の筋肉を緩める、ということもできます。
これは、施術方法によって得意不得意とするところもありますし、場所によってもいろいろ変わってきますので、その時々に施術方法を選択していくことになります。

歯のくいしばり

体の力が抜けないということでいうと、歯のくいしばりのクセがある人が多いです。
特に寝ているときに、顎に力が入って、歯をくいしばるクセがあることが多いです。
本来、睡眠中は体の力が抜けている状態のはずですが、その時さえも力が入っているので、体が休息できません。
また、歯のくいしばりというと、寝ているときだけのような気がしますが、普通に起きているときでも、無意識に歯をくいしばっていることがあります。
これも体に力が入ってしまうパターンと同様に、体が緊張している証拠です。

歯をくいしばっていると、歯への損傷、周辺の炎症などによる痛みはもちろん、首周りの筋肉も硬くなってしまい、そこから首コリや、頭痛やめまいなどを引き起こしてしまいます。

自律神経失調症

さきほど、自律神経のON、OFFがうまくできずに、体の力が抜けなくなってしまう、ということをお話ししましたが、逆もまたしかりです。
いつも緊張して、体に力が入っている状態が続いてしまうと、交感神経が優位な状態ばかりが続き、うまく、リラックスできなくなってしまいます。
この状態が続いてしまうと、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできずに、自律神経のバランスがくずれ、自律神経失調症になってしまう場合があります。
自律神経失調症になると、頭痛や動悸、全身のだるさ、内臓の調子が悪くなったりと、ありとあらゆる面で悪影響が出てきてしまいます。

体の力を抜く方法

深呼吸

さて、ここまで長々とお話ししてきましたが、いよいよ本題の体の力を抜く方法をご説明します。
まずはとっても簡単なものから。
深呼吸です。
特にむずかしいことはありませんが、吐くことを意識するようにしてください。
細くゆっくり息を吐くように意識します。
息を吐くときに、体の力が抜けて筋肉が緩みます。
体が緊張しているときは、肩が上がっていることが多いので、息を吐くときに、意識的に上がっている肩を下ろすようにしてください。
こうして、深呼吸を何回か繰り返してください。

呼吸法

次に、呼吸法でリラックスする方法です。
まず、体の中にある息を全部吐き切ります。
次に、4秒かけて鼻から息を吸います。
息を吸ったら、軽く数秒息を止めます。
その後、8秒かけて鼻、もしくは口から息を吐きます。
息を吸うときよりも、吐く方を長くすることで、体がリラックスします。
この、吸う-止める-吐く、を1サイクルとして、3、4回繰り返すようにしてください。

呼吸の方法としては、腹式呼吸をするようにしてください。
腹式呼吸をすることによって、副交感神経が優位になり、体がリラックスします。
腹式呼吸について、くわしくはこちらのページをご覧ください。

一気に脱力

筋肉の性質として、ぐーっと力を入れて筋肉を収縮させ、その後、一気に力を抜くと筋肉がゆるむ、という性質があります。
これを利用します。
息を吸いながら、もしくは、息を止めながら、ぐーっと全身に力を入れます。
特に肩周辺に力を入れて、肩を上げるようにします。
5秒~10秒程度ぐーっと力を入れたら、その後、一気に全身の力を抜きます。
肩はストンと落ちる感じになります。
そしてこの時、自然と息を吐きます。
力を入れた後、一気に脱力すると、筋肉はゆるみます。
数秒間筋肉の力が抜けてだら~んとしている感覚を味わってください。
この、力を入れて一気に脱力、を何回か繰り返すようにしてください。

まとめ

体の力が抜けないと、いろいろな悪影響を及ぼしてしまいます。
普段から深い呼吸(腹式呼吸)を心がけるようにして、「体が緊張しているな」「力が入っているな」と感じたときは、深呼吸をして肩を下ろし、体の力を抜くようにしましょう。

 

 

副交感神経に関する記事です。

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)