心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

腕や脚のしびれの原因の特定

calendar

reload

腕や脚のしびれの原因の特定

整体師をやっていてなかなか大変な症状のひとつが、腕や脚のしびれです。
今回は、この腕や脚のしびれについてお話しします。

スポンサーリンク

しびれの種類

しびれというと、坐骨神経痛が有名ですが、腕や手のしびれでお悩みの方も多くおられます。
軽い症状であれば、何もせずにリラックスしているときに、ほんの少しの違和感を感じる程度ですが、ひどくなってくると、動かすだけで痛みを感じるようになってしまいます。
特に坐骨神経痛の場合などは、ひどい場合は、しばらく立っていることさえもつらくなってきます。
このように、ほんの少しの違和感から、動かすことさえ辛くなってしまうこともあるしびれですが、施術が難しい症状のひとつでもあります。

しびれの施術が難しい理由

あなたは、しびれの原因がどこにあるか、と考えたとき、どこが悪いか見当がつくでしょうか?
おそらく一般的な知識でいうと、腕がしびれている場合は、頚椎の間が狭くなって、神経を圧迫している。
脚がしびれている場合は、腰のヘルニア、といったところではないでしょうか。
たしかに、テレビや雑誌などでは、そういうふうに説明していますし、病院を受診した場合でも、そう言われることが多いようです。
しかし、実際はそんな単純なものではありません。

ちょっとここで、腕や脚のしびれで当院に来られた場合、私がチェックする部分を思いつくままに書き出してみます。

腕がしびれるとき、どこをチェックするか

  • 頚椎(上部であったり、下部であったり、いろいろ細かくみます。)
  • 鎖骨周辺(鎖骨周辺で神経が圧迫される症状を、胸郭出口症候群といいます。)
  • 肩関節周囲
  • 肘のずれ
  • 肩甲骨の間の筋肉
  • 胸椎

脚がしびれるとき、どこをチェックするか

  • 腰椎(特に下部。腰椎4、5番目あたり)
  • 骨盤のゆがみ
  • 殿筋群(とくに、殿筋のひとつである梨状筋によって神経が圧迫される症状を、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)といいます。)
  • 股関節
  • 太ももの筋肉(とくに太ももの裏側(ハムストリングと呼ばれる筋肉)は硬くなっていることが多いです。)
  • 膝周辺
  • ふくらはぎ
  • 腓骨のずれ

今思いつく限りでこんなとこでしょうか。
もちろんもっと他の可能性もありますし、整体師によって、着目するポイントは違ったりしますので、本当はもっとあると思います。
ただ、今私がちょっと考えただけでも、これだけの可能性があるのです。
要は、腕や脚の神経や血管が通っているところを見ながら、圧迫されている可能性がある場所を探り、また、間接的に影響を及ぼしているかもしれないところもチェックをしていく必要があるのです。
つまり、テレビや雑誌などで言われているような、「脚のしびれは腰のヘルニア」のような、わかりやすい原因はそれほどない、ということです。
そもそも原因が1か所だけとは限りません。
いろいろな部分で、少しずつ神経圧迫などの悪影響を及ぼしていることもあります。

(続く)

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す