整体院の広告などで使ってはいけない言葉について思うところ

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

整体は医療行為ではなく、いわゆる民間療法です。
ですから、医療機関ではない整体院が、使ってはいけない言葉があります。
医療機関や医薬品でしか使用してはいけない言葉は法律で決まっています。(何法かは忘れました。。)

整体院で使えない言葉

整体院が使ってはいけない言葉はいろいろありますが、代表的なところでは、「治療」という言葉とか、「治す」という言葉です。
「治療」や「治す」という言葉は、病気や怪我を改善する、という意味なので、それら病気を改善するための機関や薬にしか、使用を認められていません。
ようは、肩こりを治療する、とか、腰痛を治す、とかは言えません。
ですので、整体院では、肩こりを改善する、とか、良くする、といったふうな言葉に置き換えるようにしています。
もし、整体院の広告などで、肩こりを治します!とか書いてあったとしたら、アウトです。

どうしても納得いかないことが

正直、変な決まりだな、とも思うのですが、その言葉によって、消費者に誤った認識を与えてしまう可能性があることを考えると、仕方ないのかな、とも思います。
ただ、そういった言葉の使われ方には、どうしても納得いかないことがあります。

例えば、頭痛薬や風邪薬。
「頭痛が治る」
「風邪が治る」
と言いますが、本当は、頭痛や風邪そのものを治しているんじゃなく、症状を止めているだけですよ。
医療機関と民間とで明確に使っていけない言葉を分類しているくせに、こんな曖昧な使い方でいいんでしょうか?

なんかちょっとヒートアップしてきました。

「治る」の使われ方

前回に続いて、ちょっとこの言葉の使われ方はおかしいんじゃないか?と私が思うことを書いていきます。

商品名は言いませんが、湿布のようなものや、磁気を利用したもので、肩こりに効くとうたっているものがあります。
これらのCMでは、肩こりで辛くて辛くて仕方なかったのが、それらを貼ったりするだけで、翌朝にはあら不思議、簡単に治ってしまう!というのをバンバン流していますよね。
これ、どう思いますか?
そりゃあ、いろいろ検査をして、数値上は「治る」ということなのかも知れませんが、うちのお客様は、ほとんどの方が、あれは気休めだ、と言ってますけど、それでも「治る」って言っちゃっていいんですか?

あと、AGAの薄毛治療はお医者さんで、って、薄毛を治療、っておかしくないですか?

なんか、その言葉を使ってはいけない人に対しては明確にはっきり使っちゃダメ!ってなってますが、認可されている人たちの中では、もう好き勝手やってるように見えてしまいます。

結局のところ、国に認可してもらっているかどうか、っていうだけなんですよね。
ただそれだけ。
どれだけすごい技術を持っている整体師であっても、肩こりを治す、とは言えない。
かたや、消費者がそれほど効果があるとは思っていなかったとしても、国に認可してもらっていれば、治る、治る、と言うことができる。
これが本当に消費者のためになっているんでしょうかね?
甚だ疑問です。
ということで、今回はただの愚痴のようになってしまいました。

 

整体院に関する記事です。

「健康情報!整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラス

整体院プラス
● TEL:0120-42-5929
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪本線樟葉駅から徒歩8分

ボキボキせずにふんわりゆるむ人気の本格整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました