心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

つちふまずがだるい、痛い

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(楠葉)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

よく歩いたりすると、つちふまず周辺が痛くなる方がおられます。
今回は、つちふまずが痛くなったり、だるくなったりする原因についてお話しします。

スポンサーリンク

つちふまずが痛くなる原因

当院のお客様に聞くと、つちふまずが痛くて病院に行くと、「足底筋膜炎」などと診断されることが多いようですが、結局なにもせずに「様子を見てください」で終わってしまうことが多いそうです。
「足底筋膜炎」は足の裏が痛くなった場合の万能の言葉のようです。
さて、整体師の判断としては、つちふまずが痛くなる原因としては、前脛骨筋にあることが多いです。
前脛骨筋というのは、脚のすねの骨(脛骨)のすぐ外側にある筋肉です。
すねの上からずーっとすねに沿うように下へ降りていき、足首の前側を通り、つちふまずの辺りで終わります。
この前脛骨筋が硬くなっていたり、疲労していると、つちふまずの辺りがだるかったり、痛くなったりします。
つちふまずが痛い、という人は、ほぼ例外なくこの前脛骨筋が硬くなっており、つちふまずが痛い人へ施術する場合に、とても重要な筋肉になってきます。
とは言っても、もちろんそれだけではなく、そのほかにも、つちふまず周辺の筋肉(筋膜)が硬くなったり、炎症を起こしたりしていますので、いろいろな要素を考慮して施術する必要があります。
さて、筋肉としては、前脛骨筋が硬くなっていることが多いのですが、つちふまずのだるさや痛みを引き起こしている要因はどのようなことがあるのでしょうか?
よくあるパターンをご紹介します。

偏平足

偏平足というのは、ご存じの通り、つちふまずが平らになっている足のことです。
通常の場合、ふちふまずにアーチがあることで、体重をうまく分散し、足への負担を軽減しているのですが、偏平足の場合、体重がうまく分散されず、足が疲労しやすくなっています。
そのため、つちふまずに負担がかかり、足の裏にある筋肉や腱、靭帯、そして前脛骨筋も疲労してしまいます。

重心が内側によりすぎ

主にX脚の方に多いのですが、重心が内側によりすぎている場合があります。
体重が両足の内側にかかることによって、つちふまず付近に負担がかかるようになり、つちふまずがだるくなったり、痛くなったりします。
普段、立っているときに、膝はくっついているけど、足はくっついていない、という人はこの傾向があることが多いです。

足首の内反

足首のゆがみも影響します。
足首の内反というのは、足の裏が内側を向く曲がり方で、一般的に足をくじいたときに曲がる方向です。
靴底の外側が多く減っている人は多いですが、極端に外側が減っている場合は、外側に体重がかかりすぎているため、足首が内反している可能性があります。
さきほどから出ている前脛骨筋は、足首を内反するときにも働く筋肉です。
ですから、足首が内反している状態が長く続き、足首が硬くなってしまうと、前脛骨筋が硬くなってしまいます。
そのため、前脛骨筋が付着しているつちふまず付近にだるさや痛みが出てしまいます。

つちふまずをゆるめるには

つちふまず周辺が硬くなっている場合、直接つちふまずをゆるめるには、青竹踏みのようなもので、つちふまずをゆるめるようにするといいと思います。
それと合わせて、前脛骨筋をストレッチすることで、効果をアップさせます。

前脛骨筋のストレッチ

前脛骨筋のストレッチとして、ここでは2種類ご紹介します。

まず、一つ目はとっても簡単。
脚を伸ばした状態で床に座ります。
そのまま足の指を全体的に上から押さえ、足首を向こう側へ反らせるようにします。
こうすることで、すねの横側にある前脛骨筋が伸ばされます。
20秒ほどそのままにして、ストレッチしてください。
一見つちふまずと関係なさそうですが、とりあえずやってみてください。
これでつちふまず周辺のだるさがマシになるようでしたら、前脛骨筋の影響が大きいです。

二つ目。
体が硬くて、さきほどのやりかたでは手が届かなかった人は、こちらをお試しください。
まず、正座で座ります。
次に、伸ばしたい側の脚の膝を上に上げ、両手で膝を抱えるようにします。
そのまま抱えた膝をこちらに引き付けるようにしていくと、お尻の下にある足首が自然と反らされる形になり、前脛骨筋がストレッチされます。
ちょうどいいところで、20秒静止してください。

普段気をつける姿勢や歩き方

つちふまずがだるくなったり、痛くなったりする方は、足への体重のかかり方が内側へ寄りすぎていたり、逆に、外側に掛かりすぎていたりします。
足の真ん中に重心が来るようにして、足の裏全体で地面に接しているような感覚になることが大事です。
片方の足だけ意識してしまうと、そちらの足に体重がかかりすぎてしまったりするので、両方の足で確認するようにしてください。

まとめ

今回は、つちふまずがだるくなったり、痛くなったりする場合のよくある原因や対処法などについてお話ししました。
ほんのちょっとした体の使い方のクセ程度であれば、少し意識することによって改善すると思います。
ただ、O脚やX脚の場合は、まず、その脚のゆがみを直していくことも重要になってきます。

 

つちふまずの痛みに関する記事です。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

関連記事

folder

more...

folder 体操・ストレッチ

more...

folder 健康・ダイエット

more...

folder 意識

more...

folder 手・腕

more...

folder 整体全般

more...

folder 肩・背中

more...

folder 腰・骨盤

more...

folder 足・脚

more...

folder 随想

more...

folder 首・頭

more...