足首が太い理由・原因

こんにちは!
枚方市くずはの「整体院プラス」 整体師の下田です。

私の足はいつもむくんでいる。だから足首が太い。
そういうふうに思われている方は結構多いです。
たしかに足がむくんでいると足首は太くなりますが、それ以外の場合もあります。

膝の下には2つの骨がついています。すねの骨(脛骨<けいこつ>)とふくらはぎの骨(腓骨<ひこつ>)です。
脛骨の下の端が内くるぶし、腓骨の下の端が外くるぶしになっています。

このうち、腓骨が外側にずれ、下に下がってきます。
すると、脛骨と腓骨の間が広くなり足首が太くみえてしまうというわけです。

ではなぜ腓骨が下がる(広がる)のか。
それは体のバランスにあります。

正しいバランスだと足の中央側(親指側)に重心がのっていますが、バランスがくずれると足の外側(小指側)に重心がのってしまいます。
すると、体重が外側にむけてかかるので、腓骨が外側に、そして下にずれてしまうのです。

自分の足は大根足だとお嘆きのあなたは、一度腓骨を締めてみてください。
やり方はまた次回に。

続き >>

「健康情報!整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラス

整体院プラス
● TEL:0120-42-5929
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪本線樟葉駅から徒歩8分

ボキボキせずにふんわりゆるむ人気の本格整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました