歩くとかかとが痛い

こんにちは!
枚方市くずはの「整体院プラス」 整体師の下田です。

先日、しばらく歩いていると、かかとからつちふまずあたりが痛くなってくるという人が来られました。

こういう人は、病院などで診てもらうと、足底筋膜炎と診断されることがあるようです。
こういう場合、整体ではかかとのずれを見ます。
かかとがずれていると、かかと周辺に痛みが出ることがあるからです。

かかとは、歩くたびに衝撃を受けるわけですから、体のバランスがくずれていると、かかとに過度の負担がかかり、ずれを起こすことが多くなります。
さらにこの方は、かなり昔に足首をねんざしたことがあるらしく、その時は病院で診てもらわずに、そのまま放っておいたそうです。
ひょっとしたら、その時の後遺症が残っていたのかも知れません。

かかと周辺の圧痛を調べてみると、かかとを足の裏側から押したときに痛みがあるようです。
ということは、かかとの骨(踵骨<しょうこつ>)が下方へずれているということです。

直し方ですが、反動法を使います。
受ける人は寝転ぶか、床に座ってもらい、膝は曲げてもらいます。
施術者は、両手の親指をかかとの上にあてます。
アキレス腱がありますから、ちょうどアキレス腱をはさむような形になります。
そのまま親指でかかとを下へぐーっと押します。押したら、ぱっと指を離します。
これを2、3回繰り返してください。
踵骨が反動で少しずつ上に動きます。

さきほどの方は、これで痛みがなくなりました。

「健康情報!整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラス

整体院プラス
● TEL:0120-42-5929
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪本線樟葉駅から徒歩8分

ボキボキせずにふんわりゆるむ人気の本格整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました