心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

がんばっている膝はどっち?

calendar

reload

こんにちは!
枚方市くずはの「整体院プラス」 整体師の下田です。

膝が痛くなる人は、左膝より右膝の方が痛くなる場合が多いように思います。
もちろん、膝や骨盤などのゆがみもありますが、今日は日常での足の使い方について考えてみます。

人間には利き手があるように、足にも利き足があります。
サッカーボールを蹴るほうの足です。
だいたい右の人が多いでしょう。
逆に左足は体を支える軸足になります。
ですから、普通に立っているときなどは、左足に重心がかかっている人が多いと思います。

右足が利き足ということは、何か動作をする時、力を入れてふんばる時、右足に力が入ることになります。
思い浮かべてください。
足をふんばって立ち上がるときや、階段を踏み出すとき、掃除機をかけるとき、などなど。
右足でふんばっていませんか?
しかもまっすぐ立っているときとは違って、膝が曲がった状態でふんばるので、膝に余計負担がかかります。
ですから、左膝より右膝のほうが日常生活において、負担がかかっていることになります。

かなりの痛みを伴う膝痛の場合はまた変わってきますが、特に何をしたわけでもないのに、どうも膝が痛い、という場合は、膝の使い方を変えてみてください。
右足でふんばる作業を意識して左足も使うようにしてみてください。
なぞの膝痛が治るかも知れません。

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)