つちふまずの痛み

こんにちは!
枚方市くずはの「整体院プラス」 整体師の下田です。

足の裏、特につちふまずのあたりが痛くなる人がいます。
骨のズレや、単に歩きすぎて痛くなっている場合もありますが、今回は筋肉が原因で痛い場合についてお話します。
脚のすねの外側に、すねに沿う形で前脛骨筋という筋肉があります。
この筋肉、さわってみると硬くなっている人が多いと思います。
この筋肉が硬い人は、足の小指側に体の重心がかかっていたり、よくヒールなどを履いていて、体の前側で踏ん張っている人が多いです。
そして、この前脛骨筋はすねに沿ってずーっと続き、足首の辺りで内側へ回り、つちふまずの辺りで終わります。
筋肉の端っこは骨に付着しているわけですけれど、付着部に痛みが出ることが多く、この場合、前脛骨筋が硬くなっていると、つちふまずのあたりに痛みが出ます。
ですから、つちふまずがよく痛くなる人は、つちふまずをもんでほぐすのもいいですが、前脛骨筋を意識してゆるめるとなお効果があります。

前脛骨筋へのアプローチとして、効果的なツボがあります。
足三里というツボです。
場所は、膝のお皿の下のやや外側にくぼみがあります。そこから下に向かって、指を横にならべて4本分の位置です。
すねのすぐ外側のぼこっとした筋肉に当たると思います。
ここを指や棒などで押圧してください。
ぐりぐり押すと痛くなります。ゆっくりじわーっと押してください。
足の疲れに効果があります。やってみてください。

「健康情報!整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラス

整体院プラス
● TEL:0120-42-5929
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪本線樟葉駅から徒歩8分

ボキボキせずにふんわりゆるむ人気の本格整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました