膝の痛み

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

一口に膝の痛みといっても、細かく見ると痛む場所はさまざまです。
膝の上なのか下なのか、右なのか左なのか。

膝の上が痛い場合は、ふともも前面の筋肉のはりによる場合が多いです。
膝上の痛む場所から直線で筋肉を上にたどっていくと、筋肉が硬くなっていて、押すと痛いところがあります。
そこをゆるめていくと、膝の痛みも楽になります。

膝下が痛い場合も、同じようにふとももの筋肉がはっていることが原因の場合があります。
ふともも前面の筋肉は大腿四頭筋といって、全身の筋肉の中で最も強くて大きい筋肉です。
骨盤から始まり、大腿骨から膝を通り、膝下で終わっています。
ですから、膝の下が痛い場合も、この筋肉をゆるめることで楽になる場合もあります。

あとは、骨のゆがみが原因の場合。
左右へのずれ、ねじれ、などがありますが、見落とされがちなのが、前後のずれです。
太ももの骨(大腿骨)に対して、すねの骨(脛骨)が前後にずれている場合。
主に立っているときの前後の体重のかけ方によって、ずれ方が変わってきます。

それでは、矯正の仕方をお教えしますね。
ただ、これは自分ひとりではできないので、どなたかにやってもらう必要があります。

膝下の前面が痛い場合を例にとります。
この場合、すねの骨が後ろにずれています。
施術を受ける人は脚を伸ばして座ります。
施術する人は脚の横に位置します。
片方の手をふくらはぎ、もう片方の手をふとももの前面に置きます。
ふくらはぎの手を天井方向に、ふとももの手を床方向に軽く押さえます。
ほんの軽くです。強い力はいりません。
このまま2,3分待ちます。
再度、膝下を押して痛みを確認してください。

膝下の後面が痛い場合は、押さえる部分を前後逆にしてください。

「健康情報!整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラス

整体院プラス
● TEL:0120-42-5929
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪本線樟葉駅から徒歩8分

ボキボキせずにふんわりゆるむ人気の本格整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました