足首の硬さが体に与える影響

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

みなさん、足には何個の骨があるかご存知ですか?
(ちなみに、「足」は足首から下の部分です。「脚」はふとももから下全部です。)
足には26個の骨があります。
両足で合わせると、52個ですね。
体全体の骨の数がおよそ200個ですから、いかに足の骨の数が多いかがわかってもらえると思います。
足という小さな部分にそれだけ多くの骨があるのですから、1つ1つはかなり細かいです。
ではなぜ足にはこれだけたくさんの骨があるのでしょうか。

人間は立ったり歩いたりすることにより、かなりの衝撃が体に伝わります。
その衝撃を足が吸収してくれているのです。
ですから、もし、足(足首)が硬くなっていたら、地面から来る衝撃がもろに腰や首など体全体に伝わってしまうわけです。
そうなると膝痛や腰痛などを引き起こしやすくなってしまいます。

あと、足は微妙な角度にも曲がります。
足がいろんな方向に動くおかげで、地面の起伏や坂にも対応できるようになっています。
これも、足が硬ければ、地面の曲がりに対応できずに、体全体のバランスがおかしくなってしまいます。

あまり歩かなかったり、年齢を重ねると、足はどんどん硬くなっていきます。
しっかり足を動かして、常にやわらかくしておくことで、膝痛や腰痛、その他の体の不具合などを予防することができます。

「健康情報!整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラス

整体院プラス
● TEL:0120-42-5929
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪本線樟葉駅から徒歩8分

ボキボキせずにふんわりゆるむ人気の本格整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました