心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

足首が硬くなる要因

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

足首は全身のバランスにとって、とても重要です。
足首は、建物に例えると、基礎、土台の部分です。
土台がゆがんでしまうと、建物全体に影響を及ぼしてしまいます。

足首が硬いとどうなるか

体の関節はそれぞれが独立して動くのではなく、連動して動いています。
足首もそのひとつです。
例えば、歩いているときですが、足首や膝、股関節、骨盤、背骨等が連動して動いています。
そうすることで、地面からくる衝撃を吸収したり、体のバランスをとったりして、体に負担がかからないようになっているわけです。
でもこのときに、足首が硬くなって、動きにくくなっていると、体の他の部分にその負担がかかってしまいます。
不自然な股関節の動きになってしまったり、バランスを取るために骨盤が変な傾き方をしてしまったり、、
体のゆがみにもつながりますし、無駄な筋肉の疲労にもつながります。
また、脚の代謝が悪くなりますので、むくみや冷え性にもなりやすくなります。

そして、足首が硬くなっていると、足首がゆがんだ状態で固定されてしまいます。
女性に特に多いのが、内反足といって、足の裏が内側を向いている人です。
こういう人は、足首を捻挫しやすいですし、O脚にもなりやすいです。
足首がゆがんでいると、いくら骨盤や背骨などを矯正してまっすぐにしても、体の土台である足首がゆがんでいるせいで、またすぐに体全体がゆがんできてしまいます。
また、骨盤や背骨などに元々問題がない場合でも、足首が硬かったり、ゆがんだりしていると、背骨や骨盤、膝など、いろいろな部分がゆがんできてしまいます。

このように、足首の硬さ、ゆがみは、全身に影響を及ぼすのです。

ふくらはぎのポンプ作用

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているのをご存知でしょうか?
ふくらはぎの筋肉は、血液の循環に大きな役割を持っています。

血液は心臓のポンプ作用によって、全身へと送り出されます。
そして、全身を巡った血液(体液)は、静脈へと吸収され、心臓へと帰っていきます。
しかし、体の上方向から下に向かって血液が流れているときはいいのですが、脚から上方向に向かって血液が流れていくときは、重力に逆らって血液が流れることになります。
このときに、脚の血液を上方向へと送り返すのが、ふくらはぎのポンプ作用です。

実際にどういう働きをするかというと、ふくらはぎの筋肉が収縮(筋肉に力を入れると、筋肉がモコっと膨らみますよね。あの状態です)することによって、周囲の血管を圧迫します。
そして、筋肉が弛緩すると、血管の圧迫がなくなります。
この繰り返しによって、血液が流れていきます。
「でも、血管を圧迫したときに送り出された血液が、圧迫をやめたときに戻ってくるんじゃないの?」
そこがうまくできていて、血管の中に弁があるために、血液が逆流しないようになっているのです。
(ちなみに、この弁がうまく働かなくなってしまった状態が、静脈瘤というやつです。)
こうやって、ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで、血液が流れます。
そのため、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているのです。

脚の血流が悪くなるとどうなるか

ふくらはぎのポンプ作用が弱くなっていると、上から流れてきた血液や体液が、脚に溜まっていってしまいます。
これがいわゆる「むくみ」といやつです。
そして、脚が重だるく感じるようになります。
また、脚の血流が悪くなりますので、脚が冷えやすくなり、冷え性の原因にもなります。
さらには、脚の血流が悪くなることで、全身の血流も悪くなってしまいます。

足首の硬さが及ぼす血流への悪影響

ふくらはぎの筋肉がしっかり働くことが、血液の循環のために必要だ、ということがお分かりいただけたと思います。
ではこのふくらはぎの筋肉を動かすにはどうしたらいいのでしょうか?
それが足首です。
足首を動かすことによって、ふくらはぎの筋肉が使われるのです。
ふくらはぎを軽くつまんで、足首を動かしてみれば、ふくらはぎの筋肉が、伸びたり縮んだりするのがよくわかると思います。
では、日常生活で足首を動かすときはいつでしょうか?
そうです。
歩いているときです。
歩くことによって、ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返し、血液が流れるのです。
ですから、よく歩く、ということは、こういった面からもとても重要だということがお分かりだと思います。
しかし、足首が硬くなっていると、足首の動きが悪くなるため、ふくらはぎの筋肉があまり使われなくなります。
すると、ふくらはぎのポンプ作用が弱くなり、血液の流れが悪くなってしまうのです。

脚のむくみや、冷え性でお困りの方は、足首を柔らかくすること、よく歩くこと、がとても大事です。

現代人は足首が硬い人が多い!?

現代人、特に都会に住んでいる人は、足首が硬くなりやすい傾向にあります。

足にはたくさんの小さな骨が集まっています。
なぜそんなふうになっているかというと、地面からの衝撃を吸収するため、そして、地面の起伏に対応するためです。
起伏に富んだ地面を歩くことによって、足首は細かくいろいろな方向へ動きます。
しかし、きれいに舗装された真っ平らな道路では、前後左右の足首の細かい動きがなくなってしまい、その結果、足首が硬くなってしまうのです。

現代はほとんどのところが舗装されています。
特に都会では、土の地面を探すのが難しいぐらいです。
そういったところでは、どうしても足首は硬くなりやすくなってしまいます。
また、舗装された道路や石畳など、固い地面は足首に負担をかけやすいです。

靴で足首を固定してしまう

通常の靴であれば問題ないのですが、いわゆるブーツなどのように、足首を覆ってしまうような靴もよくありません。
足首を傷めないように、機能としてわざと足首が動きにくくなっているブーツは別ですが、特に理由もなく、おしゃれで履いているブーツは足首の動きを制限してしまい、足首を硬くする要因になってしまいます。

靴の影響で足を蹴り出せない

ハイヒールを履いている場合と、普通の運動靴などを履いている時とで比べるとよくわかると思うのですが、ハイヒールを履いているときは、どうしてもかかとが不安定になってしまいます。
かかとが不安定になっていると、歩行時に足を着地するときに、かかとに体重をうまく乗せることができず、足全体で不自然な形で着地するようになります。
また、足を蹴りだすときに、うまく足首を動かして、親指でしっかり蹴りだす動きがしにくくなります。
結果、雪道を歩いているときのような、地面に対して垂直に足をあげて、垂直に足を下ろすような不自然な歩き方になってしまい、足首がうまく動かないので、足首が硬くなってしまいます。
ハイヒールに慣れている人はそうでもないようですが、普段ハイヒールに慣れていない人は要注意です。

あと、サンダルなどの場合も同じように歩き方が不自然になります。
サンダルが脱げないように気をつけながら歩きますので、どうしても足の蹴りだしが弱くなります。
結果、足を上げてしっかり蹴りだす動きがなくなり、すり足のような歩き方になってしまいます。
この歩き方も、足首がしっかり動かないため、硬くなってしまいます。

骨盤のゆがみによる歩行への影響

人間が歩くときは、足だけを動かして歩いているわけではありません。
実は、骨盤の動きもかなり重要です。
骨盤に手をあてながら歩いてみると、骨盤が前後左右に動いているのがよくわかります。
この骨盤がゆがんでいる場合も、歩き方に影響を及ぼします。
特に多いのが、骨盤が下がっている場合。
腰が丸くなって骨盤が後傾してしまっている状態です。
これは実際にやってみるとよくわかります。
まず普通の状態で、足を後ろに蹴り上げてみてください。
次に、腰を丸めた状態で、足を後ろに蹴り上げてみてください。
どうでしょうか。
腰が丸くなって、骨盤が下がっている状態だと、足を後ろに蹴りだすのがむずかしくなったと思います。
猫背になって、腰を丸めて歩いていると、足を後ろに蹴りだす動きが小さくなってしまいます。
結果、足首の動きが弱くなり、硬くなってしまいます。

歩行時の足首の動きは重要です。
足首がしっかり動いていないと、当然足首は硬くなりやすくなりますし、また、足首をあまり動かさないことで、脚のポンプ作用が弱くなり、脚だけではなく、全身の血流も悪くなってしまうのです。

足首の矯正の重要性

整体ではよく、骨盤や背骨ばかりが注目されがちですが、いくら骨盤や背骨などを矯正してまっすぐにしても、体の土台である足首がゆがんでいると、またすぐに体全体がゆがんできてしまいます。
ですから、一見関係ないと思われるようなときでも、足首のゆがみはしっかり見て、矯正しておく必要があります。

 

足首に関する記事です。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す