心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

ふくらはぎが太い原因

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

ふくらはぎが太くてお悩みの女性は多いと思います。
今回は、ふくらはぎが太くなる原因についてお話しします。

スポンサーリンク

ふくらはぎには脂肪はつきにくい

ふくらはぎが太い、というと、脂肪がついているせいかと思われがちですが、実はふくらはぎは、もともと脂肪がつきにくい部分です。
とはいっても、他の部分に比べて、ということですから、全体的にぽっちゃりぎみの人は、まあ、ダイエットしてください、としか言えません。
ですから、脂肪がついて太い、というよりも、むくみのほうが多いと思います。
ただ、私が今回お話ししたいのは、骨のゆがみによって、ふくらはぎが太くなっている場合についてです。

腓骨のズレによってふくらはぎが太くなる

膝の下には2本の骨があります。
まずは、脛骨(けいこつ)。
読んで字のごとく、すねの骨ですね。
そしてもうひとつが腓骨(ひこつ)です。
腓骨の「腓」は、訓読みで「こむら」と読みます。
脚がつることを「こむら返り」といいますね。
あの「こむら」です。
「こむら」は、ふくらはぎの意味です。
さて、話を戻しましょう。
脛骨は、下腿の中央付近にあります。
ずーっと下にたどっていくと、内くるぶしで終わります。
そして、その脛骨の外側、後方に、腓骨があり、脛骨に沿うように下へ伸び、外くるぶしで終わります。
脛骨が体を支えているのに対して、この腓骨は体を支えるためではなく、バランスをとるために存在します。
そして、下腿の外側に存在しているので、下腿に対して外側に重心がかかっていると、腓骨が外側にずれてきます。
また、外側にずれると同時に、下方にもずれてきます。
するとどうなるか。
腓骨が横に飛び出るために、腓骨の上端、膝のすぐ下あたりが横に広がってしまい、太くなってしまうのです。
また、腓骨が外側にずれ、下方にずれることで、内くるぶしに比べて、外くるぶしのほうがかなり大きく見えます。
まあ、正常でも、若干外くるぶしのほうが大きく見えるのですが、内くるぶしに比べて極端に外くるぶしが大きい場合は、腓骨がずれていると思っていいと思います。

腓骨が下がってくると、足首にも影響を及ぼします。
腓骨が下がってくると、足首にある距骨という骨が腓骨の一番下の部分(外くるぶし)によって、内側へ押される形になり、距骨が内側にずれてきます。
すると、足が内反の方向に曲がってきます。
内反というのは、足首を捻挫するときに、足の甲が外側を向きますよね。
あの方向です。
足首が内反していると、常に外側に力がかかりますので、さらに腓骨が外にずれてきます。
また、捻挫もしやすくなり、普通に歩いていても、疲れを感じやすくなります。
さらに、外側の力が脚にかかり続けることで、O脚にもなりやすくなってしまいます。

腓骨のずれの直し方

さて、腓骨のずれの直し方ですが、まず、2人でやる場合について、お話しします。
施術を受ける人は、仰向けに寝るか、脚を伸ばしたまま座ります。
施術者は、ふくらはぎの横側に座り、片手でふくらはぎの上の方、腓骨頭近くの腓骨を包むようにして、腓骨と脛骨を合わせてつかみます。
そのまま、脛骨と腓骨を近づけるようなイメージで、ぐーっと握ります。
もう片方の手は、足先をつかみます。
そして、その手を回し、足首を回すようにします。
こうやって、腓骨をぐーっと押さえたまま足首を回し続けることで、徐々に腓骨のずれが直ってきます。
時間としては、30秒とか1分とかいったところです。

1人でやる場合は、脚を伸ばして座った状態で、両手をつかって、ふくらはぎ上部を握ります。
そして、ふくらはぎを握ったまま、足首をぐるぐる回します。
これで人にやってもらった場合と同じ状態になりますが、やはり自分一人でやると、無駄な力が入ってしまうので、どうしても効果は薄くなってしまいます。

腓骨がずれていなくても、ふくらはぎが太く見えてしまうことも

さて、これまで、腓骨のずれによって、ふくらはぎが太くなってしまうことについてお話ししてきましたが、実際にふくらはぎが太くなっていなくても、太いように見えてしまう、ということもあります。
原因は、脛骨のねじれです。
膝下の骨が内側にねじれることによって、ふくらはぎが太くなったように見え、脚がゆがんで見えてしまいます。
これは実際に試してみるとよくわかります。
脚を内股になるようにねじってみてください。
腓骨が横にせり出してきて、ふくらはぎの外側が広がっているように見えると思います。
また、この状態で脚全体を見ると、脚が曲がっているように見えてしまいます。
O脚になっている人は、こういったところからも、余計に脚のゆがみが強調されてしまっている、ということもあります。

 

ふくらはぎに関する記事です。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

関連記事

folder

more...

folder 体操・ストレッチ

more...

folder 健康・ダイエット

more...

folder 意識

more...

folder 手・腕

more...

folder 整体全般

more...

folder 肩・背中

more...

folder 腰・骨盤

more...

folder 足・脚

more...

folder 随想

more...

folder 首・頭

more...