心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

負担がかかりにくい腹筋のトレーニング

calendar

こんにちは!
枚方市樟葉(楠葉)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

以前の記事で、健康のために筋トレを始めたい人に、いくつかのポイントをご紹介しました。(→健康のために筋トレをしたい方へのアドバイス
しかし、いざ、健康のために筋トレをやろうと思っても、なかなか通常のやり方では難しくてできない、という方もおられると思いますので、これから何回かに分けて、筋トレが苦手な人でもやりやすい、負担がかかりにくいやり方をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

腹筋のトレーニング

まず、仰向けに寝て、両膝を立てます。
両膝を立てずに上体を起こすと、腰に過度な負担がかかるので、必ず膝を曲げるようにしてください。
次に両手を頭の後ろで組み、軽く頭を支えるようにします。
さて、それではここから上体を起こしていきますが、いくつかポイントがあります。

ポイント1

まず、なるべく首に力を入れないようにしてください。
頭の後ろで組んだ手は、あくまで頭を支えるだけです。
首に力を入れて手で頭を上げるようにしてしまうと、効果が半減します。

ポイント2

背中を丸めるようにするのではなく、腰から上が1本の棒になったようなイメージで、上体を起こすようにします。
つまり、お腹の部分を起点にして、上体を起こすようにします。
こうすれば、しっかり腹筋に力がかかるようになります。

ポイント3

決して反動を付けて上体を起こさないようにしてください。
また、スピードもゆっくり行ってください。
ゆっくりじっくり腹筋に力が入っていることを認識しながら行ってください。

ポイント4

上体を起こすときは、完全に起こしてしまう必要はありません。
背中が少し浮くぐらいで大丈夫です。
上体を大きく起こすと、腹筋に大きな負荷がかかりますが、その分、腰にも負担がかかってしまいますので、腰痛持ちの人は要注意です。
背中を軽く浮かす程度で行うようにして、物足りない分は、回数を多くするようにしてください。

回数などはここでは定めません。
各々、ご自分でちょうどいいところで判断してください。

 

 

腹筋に関する記事です。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

関連記事

folder

more...

folder 体操・ストレッチ

more...

folder 健康・ダイエット

more...

folder 意識

more...

folder 手・腕

more...

folder 整体全般

more...

folder 肩・背中

more...

folder 腰・骨盤

more...

folder 足・脚

more...

folder 随想

more...

folder 首・頭

more...