心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

骨盤体操まとめ

calendar

ここでは、個別の記事で紹介している、骨盤体操や自分で骨盤を矯正する方法をまとめてご紹介します。
骨盤がゆがんでいたり、動きが悪くなって硬くなっていると、腰痛などの体の痛みはもちろん、姿勢が悪くなったり、お腹がぽっこり出てしまったりといった、スタイルの問題にも影響してしまいます。
骨盤のゆがみからくる、全身への影響はかなり大きいです。
ですから、自分で骨盤をいい状態に保っておくと、腰痛や肩こりの予防などにもなりますし、ダイエットなど美容的にも良い効果が出るようになります。

骨盤の上下のゆがみ 自分でゆがみ矯正

ここでいう「骨盤の上下のゆがみ」というのは、骨盤の左右にある寛骨という骨が、左右でそれぞれ高さが違う場合のことです。
ようは、骨盤が左右に傾いている状態です。
わかりやすい例でいうと、ベルトをしたときに左右の部分で高さが違っていたり、後ろから見たときに、左右のお尻の高さが違っていたりします。

骨盤の左右の高さが違っていると、その上にある腰椎も傾くことになり、腰痛の原因となってしまったり、バランスをとるためにさらに上半身が曲がってしまったりしてしまいます。

骨盤体操 前後傾の動き

「骨盤の前後傾の動き」というのは、骨盤が前に倒れたり、後ろに倒れたりすることです。
腰を反ると骨盤が前に倒れ、腰を丸めると骨盤が後ろに倒れます。
普段、腰を丸めるようにして座っていることが多いと、骨盤が後傾した状態で硬くなってしまいます。
この状態になると、背中も丸くなってしまい、いわゆる猫背になってしまいます。
このように、骨盤の前後傾は、腰痛などの体の痛みに関しても影響が大きいですが、姿勢に関しても影響が大きいです。
猫背の人は、背中ばかりを反らそう反らそうとして不自然な姿勢になっている人が多いですが、まずは、骨盤を整えることが大事です。

骨盤体操 左右の傾き

先ほどご紹介した「骨盤の上下のゆがみ」と動きとしては同じですが、こちらの記事では、矯正することを目的としているというよりも、骨盤を動かして、骨盤周りを柔らかくするための体操です。
骨盤が傾いていると、特に腰痛が起きやすいです。
骨盤周りを柔らかくすることで、腰痛などの対策にもなりますし、股関節も動きやすくなるので、歩く動作などがスムーズにできるようになります。

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)