心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

脚やせに効くエクササイズまとめ

calendar

ダイエットをしたときに、上半身はすぐ痩せるのに下半身が痩せにくい、と感じる人は多いと思います。
そういう人は普通に食事制限をしているだけだと、上半身ばかりが痩せていってしまうので、下半身もちゃんと痩せるように工夫する必要があります。
つまり、下半身をしっかり動かして代謝を促し、筋肉をつけていく、ということです。
そのために必要な脚やせに効果的なエクササイズを、まとめてご紹介します。

速筋と遅筋のトレーニング

筋肉には速筋と遅筋の2種類あります。
速筋というのは、瞬発力の筋肉で、瞬間的に力を発揮する筋肉です。
陸上競技でいうと、短距離走です。
逆に、遅筋というのは、持続力の筋肉で、長い時間力を発揮する筋肉です。
陸上競技でいうと、マラソンです。
ダイエットのときに特に重要なのは、遅筋になります。
その理由は、まず、速筋に比べて、遅筋は太くなりにくいことです。
短距離走の選手の脚と、マラソンの選手の脚を比べてみるとよくわかると思います。
次の理由は、ゆっくり長く、有酸素運動をすることで、脂肪が燃焼されるためです。
このように、ダイエットするときには、まず、遅筋を意識するのが大事になってきます。

くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

速筋のエクササイズの重要性

今回、ご紹介するエクササイズは、主に、速筋を鍛えるエクササイズになります。
「さっきと言っていることが違う」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
ダイエットには遅筋が重要ですが、速筋も大事なのです。
その理由は、
1.速筋を鍛えることによって、有酸素運動の効果を高めることができます。
2.筋肉量が増えることによって、新陳代謝が活発になります。
3.ただ痩せただけではたるみがちな体を、きゅっと引き締める効果があります。
ただし、速筋のエクササイズはやりすぎると太くなってしまうので、注意してください。

このように、速筋と遅筋の両方をバランスよく鍛えることが重要になってきます。
速筋のエクササイズについては、以下にご紹介しますが、遅筋については、ジョギングがおすすめです。
ジョギングと聞くと「しんどそう」と感じるかもしれませんが、ゆっくりのスピードで軽く走る程度で大丈夫です。
できれば20分以上、無理なら短い時間でも結構です。
とにかく気軽な気持ちで体を動かしましょう。

その上で、速筋を動かすエクササイズを行うようにしてください。
遅筋と速筋のエクササイズの効果が相まって、高い効果を発揮することができます。

脚やせに効くエクササイズ









整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)