心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

エクササイズは体のゆがみをとってから

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

ダイエットや脚やせのために、エクササイズをやろうと思っている方のために、今回は、エクササイズをする前に、体のゆがみをしっかり取っておいた方がエクササイズの効果が高くなる、というお話をしたいと思います。

体がゆがんでいると、エクササイズの効果が出にくい

ダイエットや脚やせのために、エクササイズをする場合、体のゆがみをとった方が効果が高くなります。
勘違いしないで欲しいのですが、体がゆがんでいるからといって、エクササイズの効果がなくなるわけではありません。
当然、エクササイズをしたらした分だけ、健康やダイエットには効果がありますが、体がゆがんでいる状態で、エクササイズをしても、効果が出にくいのです。
その理由をご説明します。

体がゆがんでいると、エクササイズの効果が出にくい理由 その1

わかりやすいように、例えば、猫背を例に出します。
もしあなたが、猫背を直したいと思って、背中や腰、腹筋などを鍛えたとします。
すると、どうなるか。
体が猫背の状態でエクササイズをすると、猫背の状態の上から筋肉が付いていくのです。
筋肉がつけば、猫背の緩和になることもあるでしょうが、一歩間違えれば、逆効果となり、ゆがみを助長してしまうケースもあるのです。
ですから、猫背を直したいのであれば、猫背矯正をしてから、お腹周りや太ももをやせたいのであれば、骨盤矯正をして、しっかりゆがみを直しつつエクササイズをすれば、効果が高くなるのです。

体がゆがんでいると、エクササイズの効果が出にくい理由 その2

今度は、足首を細くしたいと思っている場合を例にしてみます。
この場合、足首周りのエクササイズになるでしょうが、この時、足首の関節がゆがんでいたり、硬くなっていたりすると、関節が十分に動きません。
関節がしっかり動くようになっていないとエクササイズの効果が薄くなってしまうのです。
しっかり動きがある関節と、ゆがんで硬くなってしまっている関節とでは、同じエクササイズであっても、まったく効果が違ってきます。
ですから、足首やおしり、お腹まわりなど、エクササイズで引き締めたい場合は、体のゆがみをとり、関節をしっかり動くようにしてから、エクササイズを行うと、効果が高くなるのです。

姿勢をよくしたり、ダイエットのためにエクササイズをしようと考えている方は、その前にまず、体のゆがみをとることを考えてみてください。

 

エクササイズとダイエットに関する記事です。

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER