心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

骨が悪いのか筋肉が悪いのか

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

整体を語るうえで、たびたび議論される問題があります。
それは、整体で骨格のゆがみを修正するときに、骨にアプローチするのか、筋肉にアプローチするのか、という問題です。

整体の理論では、おおまかに骨派と筋肉派に分かれます。
まず、骨派の主張はこうです。
「骨がずれているんだから、それを元の位置に戻せばいいんだよ。」
筋肉派は、
「骨をずらしているのは、筋肉が引っ張っているせいだから、その原因の筋肉をゆるめないとだめだよ。筋肉がゆるめば、骨も自然と元の位置に戻るよ。」
と言います。

骨派の代表としては、やはりカイロプラクティックでしょうか。
いわゆるボキボキするやつです。
ま、最近はボキボキしないソフトなカイロが増えましたが。
筋肉派としては、オステオパシーなどが有名でしょうかね。

さてみなさん、どちらの主張が正しいと思いますか?
ここでは、私がいろいろ試して実感していることを書きます。

まず骨派の主張ですが、たしかにずれている骨を元に戻すことができれば、周辺の筋肉が一気にゆるむということがあります。
必死に硬い筋肉をほぐそうとしてもみ続けてもゆるまなかった筋肉が、骨を矯正することで、一瞬でふわっとゆるむことを体験すると、やはり骨派の言っていることは正しいと思います。

次に筋肉派の主張ですが、いくら骨を矯正しようとしてもまったくうまくいかないときがあります。
そういうときに周辺の筋肉を一通りゆるめてみます。
その後さきほど矯正しようとしていた骨をチェックしてみると、ちゃんと元の位置に矯正できているのです。
ということは、筋肉をゆるめれば骨も自然と元の位置に戻る、という筋肉派の主張も正しい、ということになります。

で、結局どっちが正しいのか、ということですが、「どっちも正しい」というのが私の結論です。
だって、実際に施術してみて、骨と筋肉どちらからアプローチしても、どちらもちゃんと成果がありますから。
要するに、こちらが正しいからこちらが間違い、という考え方がよくないんです。
これも整体業界の悪しき傾向です。

ということで、整体院プラスの整体は、骨からも筋肉からもアプローチします。

施術する場所によって有効な手段は異なります。
つまり、ここは骨にアプローチして矯正したほうが効果が高い、という場合と、ここは筋肉をゆるめたほうが効果が高い、という場合があります。
当院ではそれぞれの特色を柔軟にまとめて、臨機応変に対応しています。
それが最大の施術効果を出すために、とても大事なことだと私は思います。

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)