心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

頭痛の原因になりやすい頭の付け根のコリ

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(楠葉)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

肩こりや首こりがひどくなってくると、そこから頭痛になってしまうことが多くなります。
今回は、その中でも、首こりから頭痛になってしまう場合においてよくある頭の付け根のコリについてお話しします。

スポンサーリンク

なぜ頭の付け根がこるのか

ここでいう頭の付け根というのは、首の一番上の部分、後頭部の一番下のあたりです。
ここにコリを感じる、という方は多いと思います。
この部分がこって硬くなってくると、頭痛になりやすいです。
ではこの部分が硬くなってしまう原因はなんでしょうか?
それは姿勢と大きく関係しています。
ようは、猫背で首を前に突き出すような姿勢ですね。
普通の状態であれば、首は前に湾曲し、その上に頭が乗る形になっていますが、顔を前に出すことによって、首が前に倒れ、首の自然な弯曲がなくなってしまいます。
この首の弯曲がなくなってしまった状態をストレートネックといいます。
ストレートネックになってしまうと、首への負担が倍増してしまい、そこから首筋のコリへとつながります。
さて、頭の付け根のコリですが、この首を前に突き出す姿勢で前を向こうとすると、自然とアゴが上がります。
このアゴを上げる姿勢を維持するために、首の後ろ側、特に頭の付け根あたりにある筋肉に力が入ります。
こうやって頭の付け根あたりの筋肉に負担がかかっている状態が長く続くことで、筋肉が硬くなってしまうのです。

あとは、頚椎1番がずれることによっても、頭の付け根あたりが硬くなったりしますが、ここでは、純粋な筋肉の緊張からくるコリについてお話ししますので、頚椎1番については今回は割愛します。

頭の付け根のゆるめ方

それでは、頭痛の原因になりやすい、硬くなってしまった頭の付け根付近をゆるめる方法をご紹介します。
まず、施術を受ける人(以下、患者と呼びます)は仰向けに寝ます。
術者はその頭側に座ります。
両掌を上向きにして合わせ、お椀のような形にします。
そして、その両手を患者の頭の下に差し込み、両手で後頭部を包み込むようにします。
次に、両手の人差し指、中指、薬指を後頭部のすぐ下に当てます。
そのまま、その3指を少しずつ曲げていきながら、頭の付け根に突き立てていくようにします。
ここであまりまっすぐ指を突き立てるようにしてしまうと、患者が痛みを感じやすいので、その辺は状況に応じて調整してください。
形としては、両掌で後頭部を支えつつ、人差し指、中指、薬指で、頭の付け根を支えている状態になります。
この形ができたら、このままの状態を維持します。
力を入れて押したりする必要はありません。
術者は何もしなくても、患者自身の首の重さで、だんだん指がぐーっと入っていきます。
そのままじっとしていると、指を当てている部分が徐々に柔らかくなってくるのがわかると思います。
そして、柔らかくなるにしたがって、指がどんどんめり込んでいきます。
ある程度まで緩んだら、もしできるのであれば、首に当てている3指を曲げ、後頭部に引っ掛けるようにするといいです。
そして、後頭部に引っ掛けたまま、軽く牽引するようにします。
実際にやってみるとわかりますが、これ、かなり指が疲れます。
ですので、あまり無理をしないように、ある程度緩んだところで終わるようにしてください。
頭の付け根に突き立てていた指をまっすぐに伸ばしたら終了です。

誰かにやってもらうことができなくて、自分で頭の付け根をゆるめる場合、同じように、自分で頭の付け根のところに指を突きたてようとしてもうまくいきません。
首を完全に脱力することができずに、どうしても首に力が入ってしまって、指が入っていかないからです。
ですから、自分でやる場合は、ぐーっと押してゆるめようとするのではなく、頭の付け根付近を軽くなでるような感じでゆるめるようにするといいです。
後頭部にボコッと隆起している部分があると思います。
この下あたりに親指以外の4本の指を当てて、皮膚を動かすようにさすります。
頭の付け根にある硬くなっている筋肉がこのあたりに張り付いていますので、ここがゆるめば、頭の付け根の筋肉自体もゆるんできます。
さする場所も真ん中付近だけではなく、右側、左側も同じようにするといいと思います。

あと、自分でやる方法としては、やはりストレッチですね。
後頭部を両手で抱えるようにして、頭を前に倒すように手で押していきます。
首の力は抜いておいてください。
首の力で頭を前に倒すのではなく、抱えている腕の力で、頭を前に倒していきます。
ここでコツですが、通常の首のストレッチであればこれで問題ないのですが、頭の付け根付近にポイントを絞って筋肉を伸ばす場合は、頭を前に倒しながら、アゴを引くようにしてください。
アゴをクッと引いた状態で、頭を前に倒すことで、頭の付け根付近の筋肉が効果的にストレッチされます。
ストレッチの場合も、頭を倒す角度をまっすぐ前に倒すだけではなく、右下、左下の方向に頭を倒すことで、首の真後ろの筋肉だけでなく、首の後ろの横側の筋肉など、伸ばす筋肉のポイントを変えることができますので、特に凝っているところを重点的にやるようにするといいと思います。

今回は、頭痛の原因になりやすい頭の付け根のコリについてお話ししてきました。
実はこの頭の付け根のコリは非常に重要で、首こりや頭痛などだけではなく、全身のいろんな不調に影響を及ぼしています。
どんな症状であっても、注意すべきポイントとして覚えておいてもらえればいいと思います。

 

 

頭痛に関する記事です。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す