心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

表情筋のトレーニングとマッサージはどちらが効果的?

calendar

reload

表情筋のトレーニングとマッサージはどちらが効果的?

お顔のシワやたるみなどでお悩みの方は多いと思います。
そんなときテレビや雑誌で目につくのが、顔の表情筋のトレーニングやマッサージです。
いろいろとやってみた方は多いと思いますが、実際、表情筋のトレーニングとマッサージはどちらが効果があるのでしょうか?
今回はお顔のシワやたるみなどに影響を及ぼす、表情筋についてのお話です。

スポンサーリンク

表情筋とは

まず簡単に表情筋について説明します。
表情筋というのは、読んで字のごとく、表情を作るための筋肉です。
一般的に筋肉というと、腕や脚などを動かす筋肉を想像すると思います。
これらは骨格筋と呼ばれていて、関節をまたいで骨と骨とを繋いでいて、この筋肉が収縮することで、腕や脚が曲がったり伸びたりします。
それに比べて、表情筋というのは、骨を動かすための筋肉ではありません。
収縮することによって顔の皮膚を動かし、表情を作るための筋肉です。

顔の美容に表情筋が重要な理由

お顔の悩みについて、テレビや雑誌などで取り上げられると、必ず、表情筋がポイントとなってきます。
ではなぜ、表情筋が重要なのかというと、表情筋が働かなくなることで、シワやたるみなどに影響を及ぼすからです。
ここまでは、雑誌やテレビなどで解説されますが、ここではもうちょっとくわしく説明します。

表情筋がシワに影響を及ぼす理由

筋肉というのは、収縮することで力を発揮します。
何も力が入っていない状態では、だらんと伸びたままになっていますが、筋肉を収縮させることで、腕や脚を動かしたり、表情を作ったりします。
悲しい顔や笑った顔、驚いた顔など、顔を動かして表情を作るときにも、対応した表情筋が収縮しています。
シワになりやすいところとして、目尻のシワがありますが、ここは笑いジワといわれるように、笑顔になるとシワが現れます。
目尻がぎゅっと縮み、頬が持ち上げられることで、この部分にシワができるわけですが、このときにも目尻周辺の筋肉が収縮しています。
通常であれば、この筋肉がゆるみ、元の状態に戻ることで、笑った時にできたシワも元に戻るのですが、筋肉が完全にゆるまずに、固まったままでいると、皮膚も完全に伸びた状態に戻らずに、そのままシワとして残ってしまうのです。

しわ、たるみ

表情筋が顔のたるみに影響を及ぼす理由

さきほど、表情筋が収縮したまま元に戻らないとシワになってしまう、ということをお話ししましたが、顔のたるみでも同じことが言えます。
筋肉は収縮することで力を発揮する、とお話ししましたが、通常、筋肉が伸びた状態であれば、収縮することで力を発揮できますが、筋肉が硬くなり、柔軟性を無くしている状態だと、うまく収縮できなくなってしまいます。
筋肉が収縮できず、力を発揮できない状態だと、その上についている皮膚が上に引っ張られずに、重力に従って下に垂れ下がってしまう、ということになります。
これが、皮膚のたるみとなってしまうのです。

表情筋は鍛えたほうがいいのか?ゆるめたほうがいいのか?

さてそれでは、シワやたるみ対策には、表情筋のトレーニングとマッサージのどちらが効果的なのでしょうか?
正解はマッサージです。
先ほど、表情筋が収縮し硬くなることが、シワやたるみの原因となってしまう、ということをお話ししました。
つまり、筋肉を鍛えるのではなく、硬くなっている筋肉をゆるめてあげることが重要なのです。
ですから、厳密にいえば、マッサージでなくても、表情筋をゆるめることができればOKです。

もう少し詳しく説明します。
シワやたるみは、年齢を重ねるごとに増えていきます。
では、歳を重ねることにより表情筋はどうなっていくのでしょうか。
ある調査によると、加齢により筋肉は伸びるのではなく、むしろ収縮し硬くなっていることがわかりました。
つまり、歳をとるごとに筋肉はどんどん硬くなっていってしまい、そのことがシワやたるみに影響を及ぼしているのです。
ですから、マッサージなどで硬くなった筋肉をゆるめることが重要であり、いくら表情筋を鍛えてもほとんど意味はありません。
(まったく意味がないわけではありません。少し効果が認められているものもあります。)
ただし、トレーニングという意味では、表情筋を鍛えても意味はありませんが、表情筋を動かすこと自体は意味があります。
それは、筋肉を動かすことによって、硬くなってしまった筋肉がやわらかくなるからです。
硬くなった体が、体操をすることでやわらかくなるのと同じです。
ですから、「表情筋のトレーニング」として筋肉を鍛えようとするのではなく、表情筋を動かすことによって、筋肉をやわらかくする、という目的で、表情筋の体操をするイメージのほうがいいと思います。

マッサージのやり方については、ここでは紹介しませんが、ひとつだけ注意点を。
表情筋マッサージにもいろいろなやり方がありますが、基本的に、表情筋をマッサージするときは、皮膚を擦るようにするのではなく、皮膚ごと動かすようにマッサージしてください。
皮膚の表面を擦るようなやり方では、効果は出にくいです。
その下にある筋肉ごと動かすイメージで行なってください。
また、顔の皮膚はとてもデリケートなので、ちょっとしたことで傷ついてしまいます。
そういった意味でも、皮膚の表面を擦らないようにしてください。
皮膚の表面を擦るようなマッサージは、一般的に顔のむくみをとるような、いわゆるリンパマッサージのようなものが多いかと思います。
その場合は、クリームなどを使って、皮膚にダメージを与えないようにしてください。

最後に

今回は、シワやたるみ対策として、表情筋を鍛えるよりも、ゆるめた方が効果的である、というお話をしました。
ただし、筋肉がシワやたるみの原因のすべてではありません。
特に、紫外線や乾燥などはお肌の大敵です。
あなたが普段行っているお肌対策に、「表情筋をゆるめる」ということを追加すれば、アンチエイジングにとても効果的です。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す