心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

肋骨の矯正

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(楠葉)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

整体などで、肋骨のゆがみに着目して施術しているところは意外と少ないと思います。
今回は、肋骨の矯正についてお話しします。

あまり重要視されない肋骨

整体などで、背部の痛みや猫背などの施術をするとき、意外と重要視されていないのが肋骨です。
理由はわからないのですが、肩甲骨や鎖骨、胸椎などはよく矯正の対象として出てくるのですが、肋骨を矯正していこうとする施術方法はあまりありません。
ですが、実は意外と肋骨のゆがみというのは、体のゆがみに影響を与えています。

肋骨のゆがみ方

肋骨がゆがむとどういった悪影響を及ぼすのでしょうか?
その前に、肋骨のゆがみ方についてご説明します。
まず、肋骨全体としてのゆがみ方ですが、これは猫背と大きく関係しているゆがみ方です。
猫背になると当然背中が丸くなります。
横から見ると、背中が「くの字」に曲がったような格好になります。
それに合わせて肋骨全体も「くの字」のように曲がります。
もっとくわしく言うと、鎖骨が上から覆いかぶさるような感じで、胸郭(肋骨、胸椎、胸骨で構成されるカゴ状の部分です。)上部の空間が狭くなり、逆に胸郭下部は広くなります。
(ちなみに、鎖骨が下がって胸郭上部が狭くなると、このあたりを通っている神経を圧迫します。これを胸郭出口症候群といいます。)
この「くの字」以外の全体的な大きなゆがみ方でいうと、肋骨のねじれがあります。
うつぶせで寝転んだとき、たいていの人が、背中の右側が盛り上がっています。
逆に仰向けになったときは、左の肋骨の下の方が膨らんでいるように見えます。
これは背中がねじれているわけですが、胸椎がねじれている、とも言えますし、肋骨がねじれている、とも言えます。
この背中がねじれている場合、たいていの整体では、胸椎にアプローチして矯正します。
(そういうところでは、そもそも肋骨のねじれには着目しておらず、胸椎がゆがんでいないか、をチェックします。)
しかし、胸椎だけを矯正しても、肋骨を含めた背中全体としてのねじれを解消するのは難しいです。
この場合、逆に肋骨を矯正してあげれば、それに伴って胸椎も矯正されやすいです。
また、肋骨がねじれていると、バランスをとるように、骨盤や体全体のねじれにつながります。
たとえば、首の痛みの場合、頚椎がずれていることが多いですが、このずれが、体のねじれからきている場合、いくら首ばかりを矯正しても、根本的には改善しないことになります。
肋骨のねじれから起因して、体がねじれている場合は、肋骨のねじれをとることが重要になってきます。
あと、肋骨全体の大きなゆがみとは別に、肋骨1本1本が単体でずれていることもあります。
肋骨を単体で触ったときに、動きを感じなかったり、上下から軽く押してみて、どちらかの方向に押したときに痛みを感じたりするようならその肋骨はズレています。

肋骨のゆがみが引き起こす悪影響

それでは、肋骨がゆがむとどのような影響があるのでしょうか?
まずは、猫背などの姿勢に関することです。
さきほどもお話ししたように、猫背になっていると、肋骨が「くの字」に曲がり、その状態で硬くなってしまいます。
肋骨が曲がって硬くなった状態で、いくら姿勢をよくしよう、背筋を伸ばそう、と思っても、背中は伸びません。
猫背を改善する場合は、肩や肩甲骨などの矯正とともに、肋骨の矯正も重要になってきます。
次に、呼吸に関することです。
肋骨は呼吸の際に、微妙に動いています。
息を吸ったときに肋骨は膨らみ、息を吐いたときに肋骨は縮まります。
しかし、肋骨が「くの字」に曲がり、硬くなっていると、この肋骨の動きが制限されます。
すると、大きく息を吸おうと思っても、肋骨が開いてくれないので、深い呼吸がしにくくなり、結果、呼吸が浅くなってしまいます。
呼吸が浅くなるということは、体全体に酸素が行き渡りにくくなり、エネルギーが体中に行き渡らなくなります。
その他には、肋骨が「くの字」になり、下がることで、内臓を下に圧迫してしまうこともあります。
下に下がり圧迫された内蔵は働きが悪くなってしまいます。
その他に、肋骨全体のゆがみというより、肋骨単体のゆがみとして影響が大きいのは、五十肩のように、肩の動きが制限されてしまう場合です。
肋骨に軽く触れながら腕を上げたり下げたりするとわかりますが、腕を動かしたときに、それに合わせて肋骨も動きます。
このときに、肋骨が硬くなっていると、肩を動かしたときに肋骨がつっぱってしまい、肩の動きが悪くなってしまいます。
肋骨単体のズレでいうと、肋間神経痛というのもあります。
それぞれの肋骨の間を神経が走っているのですが、肋骨がズレることで、それらの神経を圧迫してしまい、痛みが出てしまうことがあります。
この場合は、対象の肋骨を見極め、ズレを直すことで、痛みを解消することができます。

このように、単に肋骨のゆがみといっても、多岐に渡って体に影響を及ぼしているのがおわかりいただけたかと思います。
しかし、普通の整体院では、あまり肋骨のゆがみは見てくれません。
他の部分を矯正してもなかなか改善しないのに、ちょっと肋骨を直しただけでうまくいってしまう、ということも多々あります。

 

 

肋骨矯正に関する記事です。

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)