心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

背中(肩甲骨の間)の痛み

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

肩こりにお悩みの方は、背中(肩甲骨の間)がコってつらいことも多いかと思います。
この背中の痛み(コリ)の原因はなんでしょうか。

背中の痛み(コリ)の原因

背中がコって痛くなるのは、おもに肩甲骨の間にある菱形筋という筋肉が硬くなることで起こります。
この菱形筋という筋肉は、胸椎から肩甲骨の内側についていて、肩甲骨を内側に引き寄せる役割を持っています。
ではなぜこの筋肉が硬くなるのか。
これは、肩こりの原因とも共通するのですが、猫背の姿勢が大きく関係しています。

猫背姿勢の影響

猫背の姿勢になると、肩が丸くなります。
肩先が前に出るわけですね。
するとどうなるか。
肩甲骨の外側が前に行くのと同時に、肩甲骨の内側は外へ移動します。
体を上から見たときに、肩甲骨が逆「ハ」の字になるわけです。
肩甲骨が外側へ移動しますので、内側についている菱形筋は外側に向けて引っ張られる形になります。
そしてこれ以上引っ張られないように、菱形筋は常に緊張して力が入った状態になります。
この状態が長く続くことによって、菱形筋が硬くなっていくのです。
背中がどんどん硬くなっていくと、肩甲骨の動きが悪くなり、肩甲骨がまるで背中に張り付いているような感じになってきます。
そして、気をつけの姿勢のときに、いわゆる背中の天使の羽の部分がベチャっとして、肩甲骨の形がわからないようになってきます。

背中(肩甲骨の間)が硬くならないようにするには

じゃあ、菱形筋が硬くならないようにするには、どうすればいいのか。
理屈は簡単です。
猫背になって、肩が丸くならないようにすればいいわけです。
そうすれば、菱形筋が引っ張られず、余計な緊張がなくなります。
「とは言ってもねー」ですよね。
わかります。
いい姿勢を保とうとすることは大切です。
でも、一度猫背のクセがついて、体が硬くなってしまうと、いい姿勢にしようと思ってもなかなかできないものです。
無理をすると、逆にしんどくなってしまいます。
そういう人は、まず整体の施術で猫背を直してもらってください。

 

背中の痛みに関する記事です。

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント



整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)