心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

急性の痛みは慢性の痛みから

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

季節の変わり目になると、なぜかギックリ腰で来院される方が多くなるように感じます。
やっぱり風邪などと同じで、環境の変化に体が負担を感じているんでしょうかね。

さて、このギックリ腰ですが、来院された方に聞いてみると、普段は腰痛はまったくない、という方が結構いらっしゃいます。
普段は腰痛もないし、まったく問題なかったんだけど、今日から急に痛くなった、と。
そして、そう言われる方の体を触ってみると、実際にはかなり硬くなっている場合が多いです。
腰だけではなく、おしりや脚などかなり広範囲に硬くなっています。
普段の腰痛は、感じ方にも個人差がありますし、しばらく放っておけば、痛みを感じなくなってしまう場合もあります。
ですから、本人は普段腰痛はないものと思っていても、実はかなり硬くなっている、という場合が多いです。
そう考えると、普段から腰痛がある人は、常に腰をかばっていますので、逆にギックリ腰にはなりにくいのかも知れません。

で、どういうときにギックリ腰になるかというと、きっかけはちょっとしたことで起こります。
朝起きて起き上がろうとしたらなった、という人、中腰から腰を起こしたらなった、という人もいますし、くしゃみをしたときになった、という人もいます。
こうやってきくと、なんでもなかった人が突然痛くなるように聞こえますが、さっきも言いましたように、ギックリ腰になる人は、実は慢性的に腰が硬くなっている場合が多いです。
で、ずーっと腰が硬くて、許容範囲いっぱいいっぱいのところでなんとか踏みとどまっていたのが、なにかの拍子でバーンとリミットを超えてしまった、ということです。
(激しいスポーツなどで無理をして痛めた場合は別です。)

ですから、ギックリ腰の予防策としては、無理な体勢にならない、といったことは当然ですが、日ごろから体をメンテナンスしておくことで、防ぐことができます。

【おすすめ記事】

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す