心と体の整体雑学

テレビや雑誌の情報とは一味違う、ここでしか読めない現役の整体師による本音の整体健康情報。大阪府枚方市の整体院プラスからお届け!

骨盤のゆがみの傾向

calendar

reload

こんにちは!
枚方市樟葉(くずは)の「整体院プラス」 整体師の下田です。

骨盤のゆがみを気にされている方は多いと思います。
骨盤のゆがみといっても、人によって違うのですが、実はだいたいの方に共通するゆがみ方の傾向があります。

ひとくちに骨盤といっても、ひとつの骨でできているわけではありません。
まず、骨盤の真ん中にある骨を仙骨(せんこつ)といいます。
背骨を下にたどっていくとある平たい骨です。
そしてその仙骨の両側にあるのが寛骨(かんこつ)です。
この寛骨がいわば肋骨のように、骨盤部分を覆うような形になっています。

さて、よくあるゆがみ方ですが、まず、左足に体重をかけている人が多いので、骨盤の位置が体の中心より左側にきます。
そして、仙骨が右に傾きます。
次に寛骨ですが、右の寛骨は前方へ回転し、左の寛骨は後方へ回転します。
回転と言うとややこしいですね。
要は、右の寛骨は、上側が前に行き、下側が後ろにきます。
左の寛骨は反対です。
ですから、後ろからおしりを見たときに、右側のほうが、盛り上がって見えます。

ここまでは、みなさん大体同じゆがみ方をします。
このゆがみがきつくなったり、動きが悪くなってくると、体に不調をきたすわけです。

ちなみに、よく「骨盤が開く」といいますが、これは、寛骨が外にずれることで、骨盤が開いている状態です。
骨盤が開いていると、女性特有の悩みや便秘などへの影響、ダイエットなどにも影響してきますね。
よく、骨盤のゆがみを解消する体操や、骨盤矯正チェアーなどで骨盤の開きを矯正するものがありますが、さきほど説明したように、骨盤はただ開いているわけではありません。
いろんなゆがみが絡み合って、影響しているので、骨盤の開きだけを閉じようとしても、うまくいきません。

整体師 下田剛 この記事を書いた人
大阪府枚方市樟葉「整体院プラス」院長 下田剛
インターネットには健康情報があふれていますが、そのほとんどが一般的な似たり寄ったりのものばかりで、「自分が求めている情報がみつからない」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちのために、私が整体師として学んだ情報を提供することで貢献したいと思い、このブログを書いています。
「他のサイトでは見つからない、あなたが本当に求めている健康情報」
これが当ブログのモットーです。
整体院プラスは、結果が出るからこそ、多くの方に選ばれ続けています。
グリグリ押さずにふんわり緩む氣功整体
「整体院プラス」のホームページはこちら

「心と体の整体雑学」メルマガ登録で無料レポートプレゼント!
・整体院を選ぶときにありがちな5つの間違い
・美しい姿勢になる4つのポイント


メルマガ配信CGI ACMAILER

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)