本文へスキップ

整体法の分類(骨か筋肉か) - 枚方市樟葉の【整体院プラス】

お電話でのご予約・お問い合わせは0120-42-5929

整体法の分類(骨か筋肉か)

体のゆがみを取るときの矯正方法は、整体の施術の仕方によって、いくつかのタイプがあります。
ここでは、骨にアプローチして矯正していくタイプと、筋肉にアプローチして矯正していくタイプで大きく分類し、それぞれのタイプについて説明していきたいと思います。

骨にアプローチするのか、筋肉にアプローチするのか

整体を語るうえで、たびたび議論される問題があります。
それは、整体で骨格のゆがみを修正するときに、骨にアプローチするのか、筋肉にアプローチするのか、という問題です。

整体の理論では、おおまかに骨派と筋肉派に分かれます。
まず、骨派の主張はこうです。
「骨がずれているんだから、それを元の位置に戻せばいいんだよ。」
筋肉派は、
「骨をずらしているのは、筋肉が引っ張っているせいだから、その原因の筋肉をゆるめないとだめだよ。筋肉がゆるめば、骨も自然と元の位置に戻るよ。」
と言います。

骨派の代表としては、やはりカイロプラクティックでしょうか。
いわゆるボキボキするやつです。
ま、最近はボキボキしないソフトなカイロが増えましたが。
筋肉派としては、オステオパシーなどが有名でしょうかね。

さてみなさん、どちらの主張が正しいと思いますか?
ここでは、私がいろいろ試して実感していることを書きます。

まず骨派の主張ですが、たしかにずれている骨を元に戻すことができれば、周辺の筋肉が一気にゆるむということがあります。
必死に硬い筋肉をほぐそうとしてもみ続けてもゆるまなかった筋肉が、骨を矯正することで、一瞬でふわっとゆるむことを体験すると、やはり骨派の言っていることは正しいと思います。

次に筋肉派の主張ですが、いくら骨を矯正しようとしてもまったくうまくいかないときがあります。
そういうときに周辺の筋肉を一通りゆるめてみます。
その後さきほど矯正しようとしていた骨をチェックしてみると、ちゃんと元の位置に矯正できているのです。
ということは、筋肉をゆるめれば骨も自然と元の位置に戻る、という筋肉派の主張も正しい、ということになります。

で、結局どっちが正しいのか、ということですが、「どっちも正しい」というのが私の結論です。
だって、実際に施術してみて、骨と筋肉どちらからアプローチしても、どちらもちゃんと成果がありますから。
要するに、こちらが正しいからこちらが間違い、という考え方がよくないんです。
これも整体業界の悪しき傾向です。

施術する場所によって有効な手段は異なります。
つまり、ここは骨にアプローチして矯正したほうが効果が高い、という場合と、ここは筋肉をゆるめたほうが効果が高い、という場合があります。
それぞれの特色を柔軟にまとめて、臨機応変に対応することがとても大事なことだと思います。

お客さまの声とビフォーアフター

枚方市樟葉の整体院
整体院プラス

● TEL:0120-42-5929
● 営業時間:10:00〜20:00(19:00まで受付)
● 定休日:毎週金曜日と第2・4土曜日(日曜・祝日も営業しています)
● 住所:大阪府枚方市楠葉花園町3-13
京阪樟葉駅から徒歩8分。
お客様駐車場完備。

枚方市・樟葉・八幡市周辺から多くお越しいただいています。